2018年06月14日

コクワの花のつぼみ

小桑に小さなツブツブが。
つぼみがいっぱいついていました。
花が咲くまでもう少しですね。

今年もいっぱい実をつけてほしいです。


180607kokuwa5683.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR








posted by ぽぷら at 20:08| コクワ

2018年06月12日

ハクウンボクの白い花が見ごろ

ハクウンボク。日だまり公園の西側の散策路の入り口に、房になって下がっている白い花です。
日だまり公園の中で、ここでしか見たことがありません。
光が重なった葉を透かすので、葉がいっそう立体的に見えます。ハクウンボクの白い花が下がるさまは、とても美しいです。

180610hakuunnboku5745.jpg


強い風などで、まだしおれていないのに花が落ちたりすると、なんだかもったいないような気持ちになります。
180610hakuunnboku_5740.jpg



180610hakuunnboku_5743.jpg



180610hakuunnboku5748.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR








posted by ぽぷら at 22:04| ハクウンボク

2018年06月09日

ウサギの耳みたいなミミナグサ

ミミナグサ。
ハコベに似ているけれど、こちらは花びらの形がウサギみたいでかわいい。
中央に向かってついている線の模様は、虫たちに、こっちこっちと密のある所を教えてあげているのかしらね。


18052miminagusa5404.jpg


18052miminagusa5413.jpg


18052miminagusa5416.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR







posted by ぽぷら at 19:57| ミミナグサ

2018年06月07日

オククルマムグラとヤエムグラ

こちらはオククルマムグラだと思う。
クルマバソウに似ている草って私には見分けがつかないけれど、ひとつひとつを観察してみました。

180607okukurumamugura__5654.jpg


まず、葉っぱが6枚。
花のつき方がてっぺんで別れて咲いている。

180607okukurumamugura_5655.jpg



そして、決定的なのが、茎にも毛が生えている事。
もし、毛が生えていなかったら、クルマムグラっていう草らしいです。

180607okukurumamugura__05656.jpg



つぎにこちらがヤエムグラ
葉っぱが8枚。それから茎に毛がはえている。
去年はこの草にかぶれてひどい目にあいました。
畑にいっぱい生えていて、それがまるでツタのように長く伸びるんです。
しかも集団で、傍の木にまとわりついていました。
軍手をはめてむしったんだけど、手首から腕のまとわりついた茎のとおりにかぶれたんですよ。

治るまでに2週間以上、でも、黒い跡が今でも残っているんですよ。
皆さんも気をくけて下さいね。

180607yaemugura5641.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR




posted by ぽぷら at 14:29| ひだまり公園の様子

2018年06月06日

桑の実がつけはじめました

桑の実がつき始めました。
赤く色づいているのもあるけれど、殆どはまだ青いです。
日だまり公園の南側に、毎年それはそれはたくさん実をつける桑の木があります。
居心地がいいんでしょうね。


実をみてびっくりしたのは、まだ未熟な実にはコンペイ糖のようなイガイガがいっぱいある事でした。
虫みたい。
実が熟すと、濃いワイン色になって、このイガイガみたいなものも目立たなくなって、そうなると、甘くて美味しい桑の実になります。


あとひと月ほどでしょうか。

180605kuwa5551.jpg



180605kuwa05551.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR







posted by ぽぷら at 14:32|

2018年06月05日

エンレイソウのクロミとアオミ

エンレイソウに大きな実がなっていました。
エンレイソウの実は黒いものと緑色のものがあります。

黒い実のなるものはクロミノエンレイソウ、緑色の実がなるものはアオミノエンレイソウというそうです。

180602enreisou_5582.jpg


180602enreisou5584.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 21:17| エンレイソウ

2018年06月03日

日だまり公園のオドリコソウ

日だまり公園のオドリコソウが見ごろです。
南側の入り口あたりをゆっくり歩いていると、けっこうあっちこっちに咲いていました。

殆どが薮の中なんだけど、散策路のきわにも咲いているオドリコソウがありましたよ。
今年も、スゲ傘をかぶった踊り子が、きれいな円を描いています。

180528odorikosou_5391.jpg


花言葉 = 快活 陽気 愛嬌 春の幸せ  
どれも楽しそうな花言葉ですね。


スゲ傘の下からチラリと見える黒いゴマのようなものは雌しべです。
180528odorikosou__5438.jpg


180528odorikosou__5393.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 20:37| オドリコソウ

2018年06月02日

花が3本ついているニリンソウ異端児は2番目?

先日見つけた花が3本ついているニリンソウです。
ニリンソウというからには、規格外はとーっても珍しいのかな・・・と思っていたけど、ちょっと探すと見つかるってことは、けっこう多いのかもしれませんね。

180518nirinnsou5042.jpg


ニリンソウは、1番目の浜の花びらが6枚〜(8枚のもありました)と多くて、2番目の花の花びらは5枚のものばかりでした。
3本の花を持つニリンソウはと言うと、
1番目の花の花びらの数は6枚、2番目3番目の花の花びらは5枚でした。


でもよく見ると、2番目の葉なの花びらのかたちが、他の2本とは違い、先が尖っておらず、丸くなっています。それに、他の花はパっと咲いているのに、この花はちょっと閉じていました。
ん〜〜この花はみんなとちょっととちがいますね。
人間だったら、天才か大物になる予感。

180518nirinnsou5044.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 10:09| ニリンソウ

2018年06月01日

日だまり公園のシウリザクラの花

日だまり公園の林で、カメラを持ったおじさんとすれ違いました。
「こんににちは。オドリコソウ咲いていましたよ」
と声をかけたら、
「ああ、知ってますよ」とおじさん。

たったそれだけしか会話していないのに、おじさんは、少ししてからわざわざ引き返してきて、私に
「シウリザクラ咲いていましたよ」と教えてくれました。
『そうですか!ありがとうございます!』
声をかけてみるもんですね。


日だまり公園の東側の、遊歩道の入り口あたりにシウリザクラの花が咲いていました。
真っ白な小さな花をいっぱいつけたキツネのシッポみたいな花束です。
おじさん、ありがとうね。


180528siurizakura5495.jpg



180528siurizakura5511.jpg



180528siurizakura5490.jpg


『サクラ』はと言っても、ピンック色した桜の花とは全然違うかたちをしていますね。
でもシウリザクラって、春の新芽がでるときに、小さなピンク色の葉っぱ?がでるのでとてもきれい。
目を180528siurizakura5490.jpg楽しませてくれるので大好きです。



180528siurizakura_5513.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR





posted by ぽぷら at 17:41|

2018年05月28日

ひだまり公園のタネツケバナ

タネツケバナ。公園の小川の回りに咲いています。
アイヌの人達はよく食べていたようです。
ウィキペディアによると”アイヌ料理では鮭と相性が良いということでシペキナ(鮭の草)という鮭料理の香辛料にされた”とありました。

180519tanetukebana_5128.jpg


180519tanetukebana_5133.jpg


180519tanetukebana5130.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 11:54| タネツケバナ

2018年05月27日

コウライテンナンショウの雌株につかまった死を待つ虫

雄雌が異株のコウライテンナンショウ。その茎の模様がマムシに似ていることから『マムシグサ』とも言われいます。

栄養をたっぷりもらった株は雌に、そうでないものは雄株になるんですって。。
でも、雌でも、栄養状態によっては雄に性転換する事もあるそうです、不思議な植物ですよね。

180523mamusigusa_5090.jpg


180523mamusigusa_5087.jpg


コウライテンナンショウは細長い花なので、虫が花の中に入ると外に出られなくなってしまうので、雄の花には、ちゃんと虫の出口のすき間が開いています。

180523mamusigusa5086.jpg



でも、雌の花にはそのすき間が開いていません。
それは、花に入って来た虫達を、一匹たりとも外には出さないため・・・
虫はいくらもがいても出口は見つからず、ついには死んでしまうのです。・・・

180523mamusigusa_5166.jpg

雌株は、雄花に入って花粉を付けた虫を逃がしたくないので、とにかく、入っていた虫達すべてを花に閉じ込めるというわけです。
こわい・・・・

雌?と思われる花の中を覗いてみると、!!
虫が2匹は見える!あっちゃー、この虫達はもう外には逃げられないんですね。
180523mamusigusa_5353.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR




posted by ぽぷら at 20:29| マムシグサ

2018年05月26日

ユキザサを100均の拡大鏡で撮ってみました

ユキザサの花が咲いています。
今回は、100円ショップで買った拡大鏡も使って撮ってみました。
まずこちらは普通のカメラ。

180526yukizasa_5340.jpg


180526yukizasa5345.jpg


180526yukizasa5368.jpg



こちらが拡大鏡の連図で撮った写真。
白い花びらは反っくり返って6枚。雄しべは大きくて元気だもんで、遠目に見るとまるで雪わたのように見えるんですね。

茎には細い小さな毛も生えている。

180526yukizasa1086.jpg


180526yukizasa1084.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 14:42| ユキザサ

2018年05月24日

フデリンドウとハルリンドウのちがい

フデリンドウの花が咲いているのを見つけました。
2年ぶり!
なんせ小ちゃいので、場所を確認してもわからなくなるほどでした。

180523huderindou5292.jpg


でも、リンドウにも種類があって、この花はほんとうにフデリンドウ?
よくにた花でハルリンドウがあるそうで、北海道の5月はまだまだ春の最中・・・と考えれば、どちらか迷ってしまいます。


そこで、フデリンドウとハルリンドウの違いについて調べてみました。
違いが見てわかる所は、茎から出ている葉っぱの部分だそうですよ。

このリンドウは茎の途中の部分から葉がでいますね。少し上に行くとまた葉が2枚。
このように、茎の部分から小さな葉はでているのがフデリンドウの特徴だそうです。


180523huderindou5219.jpg


ハルリンドウには根生葉(こんせいよう)がある。
根生葉とは地上茎からついた葉のことで、それがロゼット状(放射状のような形)をしているそうです。
例えばタンポポの葉の付き方です。



という事で、この花はフデリンドウに間違いなさそうですね。

180523huderindou5287.jpg


小さなフデリンドウの種を飛ばす方法が賢い


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR









posted by ぽぷら at 17:44| フデリンドウ

2018年05月23日

タチツボスミレの特徴と見分け方

ひだまり公園のスミレはそろそろ見ごろを過ぎたようです。
でもスミレって、色んな種類があるようで、素人でも見分けられる方法はないかと調べてみました。
ついつい花ばかりに目がいってしまうんだけど、茎の付き方や葉のかたちなども重要な見分け方なんですね。

180514sumire_4487.jpg


180514sumire_4411.jpg


180514sumire4382.jpg


180514sumire4384.jpg

1)地上茎があるかないか
地上茎というのは、茎の途中から茎が別れているかどうかという事。
このスミレは、地上茎がある
一本の茎から葉っぱが出てる。

DSC_05298.jpg



2)托葉(たくよう)が、のこぎりみたいにギザギザかギザギザなしか。
托葉というのは、葉っぱが茎にくっついている部分にある小さな葉のようなもの。(ココから葉っぱ・・という部分)
ココでいいのかな?
こまかくないけどギザギザしてる。

DSC_5298.jpg


ここまで絞られてくると『タチツボスミレ』という事になりそうです。


3)茎は斜めに伸びているか?
斜めっちゃー斜めだけど・・・・・・
(茎が直立の場合はエゾノタチツボスミレ)



4)側花弁に毛があるかないか・・・・
ある場合・・・・アイヌタチツボスミレ
ない場合・・・タチツボスミレ
このスミレは・・・・・ない?!


5)根元の花柄がでる
このスミレは、花の根元に柄があるから・・・・



決定! 『タチツボスミレ』!!

という事にしちゃう。

花は難しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR








posted by ぽぷら at 11:08| タチツボスミレ

2018年05月20日

ヘラオオバコの花を上から見た

ヘラオオバコ。
白いつぶつぶのように見えるのは雄しべだそうです。
糸みたいに細いものにピンと支えられていますね。きっと丈夫なんだろうな。


180512oobako4339.jpg


180512oobako4350.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 13:52| ヘラオオバコ

2018年05月19日

日だまり公園カタクリの場所に咲くルイヨウボタン

ルイヨウボタンの花が咲きました。
ひだまり公園のカタクリの保全地区に毎年咲いています。


葉っぱがボタンに似ているから、この名前がついたそうです。
ルイヨウボタンの葉っぱは薄っぺらくて か弱そうなのに、生存厳しい野山に咲くんだから、すごいなあって思う。
180519ruiyoubotann5046.jpg


花は黄緑色。
立派な花びらは6枚かと思いきや、これは萼片なんですと。
私は今まで、こういうふうに見えるものは全部花びらだと思っていました。
そしたら、萼片が、まるで花びら のように見える花って、いっぱいあるんですね。

180519ruiyoubotann5050.jpg


それじゃあ花びらはというと、内側にある雄しべの外側に見える小さな扇型のもの。
大きな萼片げ小さな花びらを支えているんですね。

180519ruiyoubotann-5071.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR







posted by ぽぷら at 11:52| ルイヨウボタン

松の雄花はイチゴのようなかたち

松の先に新しい花がついていました。
マツボックリ??
調べてみたら、松の雄花のようでした。


イチゴのような形値をした部分が長く伸びて、花粉をいっぱい溜めるそうです。


180518matu5110.jpg


180518matu_5105.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR







posted by ぽぷら at 11:37|

2018年05月18日

日だまり公園のニリンソウ

ニリンソウ。一本の茎から2つの花が咲くのでニリンソウ。
でも実際は1本や3本もあるそうです。


180518nirinnsou4866.jpg


180513nirinnsou3754.jpg


花びらに見えるのは萼片だそうです。
萼片は5〜8枚。
このニリンソウは8枚ありますね。
1輪目に咲く花の萼片は多いけれど、2輪目に咲く花の萼片はどれも5枚のようでした。


180518nirinnsou4875.jpg


180518nirinnsou4924.jpg





180518nirinnsou_4938.jpg


こちらは、ほんのりと紅をさしています。
180518nirinnsou4931.jpg


180518nirinnsou4932.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR






posted by ぽぷら at 17:07| ひだまり公園の様子

2018年05月17日

仲睦まじいコムクドリのオスとメスその違い

コムクドリのカップルだと思います。
穏やかな陽気のなかで、2羽ともなんだか幸せそう。
 ”今日は気持ちのよい日だ”    ”そうね、あなた・・・・”   とかなんとか言ってるんでないかい。


180516mukudori4782.jpg



コムクドリはスズメよりもふた回りくらい大きくて、性格は穏やかだと思う。
そーっと木の下に行っても逃げずにいてくれます。

180516mukudori4783.jpg



左側がオスで右側がメス。

180516mukudori4793.jpg


ちょっとわかりにくいので、以前に撮った写真を載せてみました。
こちらがオス。翼と尾羽が光沢のある青い色をしていてとても美しいです。
両方にある頬の丸いほお紅が可愛らしい。

10.5.9tori002-thumbnail2.jpg



こちらは以前の春、4月後半に撮ったもの。巣をリフォームしているところ。
木の穴に巣を作るのですが、ウィキペディアによると、キツツキの古巣を活用するのだそう。賢い!

150428-E382B3E383A0E382AFE38389E383AA003-thumbnail2.jpg



150428-E382B3E383A0E382AFE38389E383AA006.jpg



150428-E382B3E383A0E382AFE38389E383AA005-thumbnail2.jpg






こちらは左がオスで右がメス。メスがオスと違うところは、全体的に色が淡いところですね。
それからほっぺたの丸いほお紅がないです。


昨年も、ちょうどこのあたりの気の穴に巣を作っていました。
もしかしたら、同じ夫婦なのかな・・・・

160501E382B3E383A0E382AFE38388E38299E383AA001jpg-thumbnail2.jpg


160501E382B3E383A0E382AFE38388E38299E383AA002jpg-thumbnail2.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR








posted by ぽぷら at 09:48| ひだまり公園の様子

2018年05月16日

ヒメオドリコソウとホトケノザの違いは葉っぱを見ればすぐわかる

ヒメオドリコソウが咲きました。
ひだまり公園の中というよりは、墓地のほう。
このヒメオドリコソウは、お墓に寄り添って咲いていますよ。

180512-himeodorikosou4363.jpg


180512-himeodorikosou4361.jpg



ヒメオドリコソウとホトケノザはとてもよく似ているそうなので、その違いを調べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
違いがよくわかるのは葉の形だそうです。
ヒメオドリコソウの葉は三角っぽい形。葉は茎に順番に付いて、下に行くほど大きくなってクリスマスツリーのよう。

ホトケノザの葉は丸みがあります。葉は、上の段、下の段、と付くので、途中に葉がつく事はない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こちらはホトケノザのイラストです。

726373.jpg


なるほど!
わかってから見ると、その違いがよくわかりますね!


今年も小さな踊り子たちが踊ってる。
誰もいない草むらだけど、実はとっても賑やからしい。


180512-himeodorikosou4357.jpg



180512-himeodorikosou4353.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


スポンサーPR





PR







posted by ぽぷら at 15:16| ひだまり公園の様子
PR